成功するまで楽しく続ける・・・継続こそ成功の鍵!!

ダイエットって大変、ツライ。でも何とかしてヤセたい!
こう思っていませんか・・・私も昔は思っていました。でも、太る、ヤセない、リバウンド、これらの原因、実は
シンプルなもの。したがってこの原因をみつけ取り除けばヤセることは、そう難しくはないということです。

理屈がわかれば簡単です。あとは、あなたがこのシンプルなことを実践して続けるだけ
一歩づつでも前進していけば必ず目的地に到達することは出来るのですから。

では、それらの原因をズバっと言ってみましょう!

      (摂取カロリー)(消費カロリー)     0・・・現状維持 
        食べる    ー   燃やす    
 プラス・・・ふとる
                             
=マイナス・・・ヤセる
 よって・・・ 
摂取消費脂肪蓄積中 
        摂取消費
脂肪燃焼中


今、こんなもん「当たり前だろ」って思いましたよね。 うん、当たり前なんです。
根本的な原因はこのバランスがうまくとれていないということです。

これを分析すると大きく分けて3つ・・・食べすぎ ・ 代謝不良 ・ 便秘 などが考えられます。
あなたも自分の生活バランスを分析してみてください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食べすぎ・・・これは一番のポイントですね、ここを避けては通れません。
         1kg分落とすには7200kカロリーを消費しなければなりません、つまり7200kカロリー分の
         食事を減らせば1kg落ちるということです。1日240kカロリー食事を減らせば1ヶ月後には
         1sのダイエットです240kカロリーっていったらケーキ1個分くらいでしょうか
         1日480kカロリー減らすと1ヶ月で2kg、2kgって重いですよ〜 2リットルのペットボトルを
         もってみて!・・・これを6ヶ月つづると12sのダイエットになっちゃうんです。

やってみよう
         早くヤセたいからといって、イキナリ食事の量を減らすとツライし長続きしませんよね、最初の
         うちはご飯だけでいいですから2〜3口分残すことから始めてみてください。心を鬼にして
         もったいないという気持ちを捨ててください。
         子どもが残したご飯も、もったいないという心を抑えて自分で食べずに処分してください。
         すると、徐々に作る量を考えるようになってきますから。
         量を減らす感覚がつかめてきたら徐々に作る量を減らして今までの半分ぐらいの量まで抑えて
         みましょう。
         ただし栄養不足にならないように品目を考えなければなりません。それが難しいと考えるなら
         ば栄養補助食品などを活用するのも一つの手かもしれません(あくまでも補助です)
         

   お水・・・水は1日、1g 程度は飲みましょう特に食事の前には必ずコップ1杯程度の水分は取ってみて
         ください。よく水太りとか浮腫みとかいいますがムクミの原因は代謝不良です。
         水はノンカロリーですから脂肪に変わることはありませんし、ムクミの原因は水分不足からくるこ
         とも多くお水をしっかり取ることで血液やリンパの流れがよくなりダイエットやムクミ解消の助け
         にもなってくれます。
         とは言っても「過ぎたるは及ばずが如し」、極端に飲みすぎないようにご注意ください。そして
         あまり冷やさないこと、冷たいものの取り過ぎは体を冷やしダイエットはもとより健康の妨げにな
         りますので。
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー      
代謝不良・・・これはせっかく取った栄養や余分な脂肪をうまく燃やしてくれないということです。
         バターなども温めれば、溶けていきますが冷えていたら、いつまでも溶けないですよね。
         脂肪もそれと同じことです。
         原因としては、運動不足や必須栄養素不足が考えられます。
         (36度前半以下の体温の低い人も代謝不良といえます)


基礎代謝・・・あなたが生活する為に必要なエネルギーです。消費するカロリーの中で一番大きなものです。
         したがってこの基礎代謝を上げることがダイエットの近道になるわけですね。人が生きるために
         必要なカロリーは個人差はありますが800kカロリー程度と言われています。それに普通の生活
         で必要なエネルギーをプラスすると1200〜1500kカロリーくらいでしょうか。
         こんな言葉をよく聞きます「そんなに食べてないのに太るのよ〜」って、イヤ食ってるよ。って
         つっこみたくなるんですけど、本人はいたって真面目、たしかに量が少なくてもカロリーが高けれ
         ば一緒ですからね、外食なんかすると1食で1000kカロリー超えなんてザラにあります・・・
         とにかく基礎代謝が上がればそれだけ摂取カロリーとの差が大きくなって太らない、ヤセやすい
         体が出来あがるということです。


やってみよう
         基礎代謝をあげるには、適度な運動をすること、運動っていってもジムに通えっていってる訳で
         はありません、散歩程度でいいのです。続けて20分程度は歩くといいでしょう。
         ただ最初から無理すると続かないので、まずは出来る範囲で習慣にしていきましょう。
         3日坊主でもいいんです。4日目に休んでも、また5日目から始めればいいだけのことです。
         あとは、必須栄養素の不足で代謝が上がらないこともありますのでビタミン・ミネラルはしっかり
         取りましょう。
         天然のお塩は良質なミネラルが豊富でカラダを温める作用があります、値段は少々高いかもし
         れませんが量を使うものでもないので、そんなに財布の負担にはならないと思います。
         
まごわやさしい         
        なんのこと?と思いました?・・・
        これは、健康のために食べたい食品目の頭文字です。
        低カロリーで、ビタミン、ミネラル、たんぱく質が豊富に含まれています。

      ・・マメ、 ・・ゴマ、 ・・ワカメ、 やさ・・ヤサイ、 ・・シイタケ(キノコ類)、 い・・イモ
        栄養バランスのとれる、食品目です、食卓にこれらの食べ物が並ぶと、かなり理想的ですね。

おかあさんやすめ
        また出ました、これは上記とは逆に、カロリーや栄養バランス面であまり好ましくない
        料理の頭文字です。

      ・・オムレツ、 ・・カツドン、 ・・ハンバーグ、 さん・・サンドウィッチ、 ・・ヤキソバ
      ・・スパゲティー、 ・・メダマヤキ
        みんな、子どもたちが好きそうな料理ですね、手間いらずで簡単に作れるものばかりです。
        誤解しないでくださいね。
        なにも、この料理そのものがダメと言ってる訳ではありません。ただ、これらの一品料理で済ませ
        ようとすると、栄養のバランスが偏ってしまいますし、ダイエットをする人にはカロリー面でも、
        オススメできませんということです。


  運動・・・運動そのものでもカロリーは消費されますが、その消費カロリーは以外にも少ないものです。
        たとえば
        最初の方でいいました、1kg分7200kカロリーを消費するには、水泳(クロール)なら8時間、ラン
        ニングならば14時間が必要・・・ダイエット目的ならば激しい運動よりもウオーキングなどで基礎代
        謝を上げ、体(筋肉)により多くの酸素を取り入れてあげることのほうが効果的でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  便秘・・・女性に多いのですが、これこそ諸悪の根源。便秘を解消させずに健康的なダイエットの道は
        険しいでしょう。腸が汚れていると、あらゆる病気の原因になり免疫力の低下、お肌のトラブル
        血液ドロドロ、いい栄養を取っても不完全燃焼と体にとっていいことありません。
        
やってみよう
        これはもう、大体お分かりだとは思いますが・・・そう、食物繊維を食べる。今の人たちの大部分は
        食物繊維不足だといわれています。
        食物繊維をとってるけど便秘という人は腸内環境が悪いと考えられます。
        これは腸内細菌(善玉菌)を増やすことで解決、いわゆる乳酸菌などです。
        ただし、ダイエット中は糖分の取りすぎを抑えたいので、ノンシュガーのヨーグルトなどにしましょう。
        
        

便秘薬・・・便秘薬は便秘の根本的な原因を治すものではありません。一次的に出すためだけのものです
        ようするに腸が自然に動いていない状態で上から押し出すようなものですので、いずれ利かなく
        なりますし体にいいは訳もありません。
        =(薬)はすぐ利きます。体にいいものは徐々に効くものです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リバウンド・摂食障害
        これは無理な減量や栄養不足から起きます。栄養不足のままダイエットを続けると体は生命維持
        の危険を感じ栄養補給のために食欲を増加させます。
        下手をすると生命維持のための自律神経がくるい体がどんどん壊れていってしまいます。

        筋肉で脂肪を燃焼させる「アディポネクチン」というホルモンがあります。
        絶食状態になると髄液中の「アディポネクチン」が増え食欲にかかわるタンパク質が活発になり
        食欲が増すそうです。さらに髄液中の「アディポネクチン」が増えると体のエネルギー消費が減る
        ということが実験で明らかなりました。

        つまり絶食によるダイエットは代謝が悪くなった上に食欲が増してしまう、リバウンドのリスクが
        大きい危険なダイエットです。
        ですから、ダイエットのときは、必須栄養素をキチンととることを忘れてはいけません。
        ダイエットはあせらず気長に挑みましょう。「継続は力なり」です。
        それと人間の体のサイクルは3ヶ月ごとに変わると言われています、少なくとも3ヶ月は続けて
        ください。そして希望目標体重に成功してから、さらに3ヶ月続けるこによって太りにくい体質が
        出来上がります。

    
     あなたの健康とダイエットのお役に立てることを願っています。




          成功とは成功するまで続けた人のものです
          成功の反対は失敗ではありません。成功の反対は何もしないことです。
          何もしなければ失敗はありません。
          でも得るものもないでしょう。
          やってやれないことはない、やらずにできるわけがない


                              ホームtopへ


                       遠藤整体院 オステオパシー研究所